多くの人が家を建てたいと思っていることでしょう。

 

でも、具体的にいつ建てるか考えている人は少ないかもしれませんね。

結構、営業マンに会って話をしている内にその気になった人も多いでしょう。

で、気がつけば契約書にサインをしていた。

 

家を建てるというのはもしかしたら一生に一度の事かもしれません。

ですから、決意するのに勇気が必要です。

 

そんな人に、営業マンはその背中を押してくれる人かもしれません。

でも、よく考えてみてください。

 

多くの人は、30年という長いあいだローンを返済して行かなければならない、ということ。

家を建てようと考えてから着工するまでどのくらいの期間が必要でしょうか。

もちろん人によって違うかもしれません。

 

できれば、1年位の時間をかけて考えた方がいいでしょうね。

 

よく、住宅ローンの金利が安い、または税金が安くなる。

などの言葉で家を建てようとする人も。

 

特に消費税の関連で契約が増えると思いますが、そんな理由で

家づくりをしてもいいかどうか、熟慮は必要ですね。

 

国土交通省住宅局より平成24年度の住宅市場動向調査の結果によると

工務店や住宅メーカー、購入した住宅を見つけた方法は、

注文住宅では「住宅展示場で」、50.7%になっています。

また、

住宅の建築・購入にあたり影響を受けたこと

住宅の建築又は購入にあたり、プラス要因として大きく影響を受けたのは、

注文住宅・分譲住宅において「住宅取得時の税制等の行政施策」「金利動向」

となっています。

平成24年度の住宅市場動向調査結果
■ 無料レポート
所有不動産を予想以上に高値で売却する方法!
不動産業者以外に物件を紹介してもらえる相手をお教えします!