「国民生活センター」によると、60歳以上の認知症等高齢者にかかわる相談のうち、住宅リフォーム工事に関する相談数が第3位を占めるようです。

 

介護保険には要支援・要介護の高齢者が住宅改修をおこなった際の費用の9割を負担する制度(15年8月からは一定所得がある人は8割)があるが、「どの業者を選べばよい」という明確な基準がありません。

 


そこに悪徳リフォーム業者が介入してきます。

住宅のリフォーム業者に介護に関する知識はありません。

また、残念ながら介護リフォームの申請を行う、ケアマネージャーにはリフォームの知識がありません。

そのため、介護保険のお金を引き出すための操作が行われます。

本当に必要な工事ではなく、こういった工事をすれば介護保険を利用できます。など。

介護リフォームをする時は、本当に必要な工事か特に注意しながら進める必要があるでしょう。
参考

悪徳業者が横行! プロが教える“失敗しない”介護リフォーム

悪徳業者が横行! プロが教える“失敗しない”介護リフォーム

オーガニックハウス展示場来店予約

住宅建築コーディネーター資格試験

■ 無料レポート
所有不動産を予想以上に高値で売却する方法!
不動産業者以外に物件を紹介してもらえる相手をお教えします!

YAHOO!知恵袋
住宅を解体して更地にすると固定資産税が三倍
今年中に別の土地に新築の契約をしました。
建設時に利用する商品を提供するメーカー側
教えて下さい。静岡の積水ハウスで建築条件付きで契約をしました。
新築引き渡しについて質問です。
銀行は、他の銀行の情報を知ることが出来るのでしょうか?