10月10日に住宅建築コーディネーター認定講師の研修がありました。

全国の認定講師が集まり、前回9月9日に行われた資格試験等の報告や新しい施策の報告がありました。

合格率が下がったのは、今までの問題と比べて出題傾向が少し変わったからのようです。

「暗記型」から「本質理解型」に質的転換が行われたようです。

どのように変化をしたかは、住宅建築コーディネーター協会が行っている認定講習を受けると教えてもらえると思います。

住宅建築コーディネーター認定講習

住宅建築コーディネーター協会

新しい施策も行なわれます。

試験問題の10点分の合格支援が行われます。

これは、認定講習、e-ラーニング、日建学院e-ラーニングを受講された方にだけ、5問の実践演習の受講ができます。

実際に出題される問題に近い問題の演習が行われますのでとても有利になります。

受講者への合格支援サービスの施行時期について

 

住宅建築コーディネーター認定
住宅建築コーディネーター認定

 

 

 

 



住宅建築コーディネーター資格試験

■ 無料レポート
所有不動産を予想以上に高値で売却する方法!
不動産業者以外に物件を紹介してもらえる相手をお教えします!

YAHOO!知恵袋
住宅を解体して更地にすると固定資産税が三倍
今年中に別の土地に新築の契約をしました。
建設時に利用する商品を提供するメーカー側
教えて下さい。静岡の積水ハウスで建築条件付きで契約をしました。
新築引き渡しについて質問です。
銀行は、他の銀行の情報を知ることが出来るのでしょうか?