住宅会社の営業マンは契約が済めば対応が冷たくなる?

 

契約前の営業マンはとても熱心で親切だけど契約が済めば対応が契約前に比べて冷たくなると言います。

大手の住宅会社では社内で、分業ができています。

そのため、営業マンは契約を取ることに集中します。

契約後は設計担当や現場監督が対応することになります。

小さな工務店では営業担当から設計、現場監督まで一人の人が対応することになる思います。

どちらが良いか簡単には言えません。

一人の人が最後まで関わってくれるのはありがたいことです。

ただ、住宅建築はその範囲、内容が幅広く一人の人がその全てを把握するのも難しいとのが現実です。

その時は施主自信が住宅建築のことを少しでも学んで、担当の方と一緒に作りあげていく気持ちが必要になります。

 

 

 

 

 

 

家づくりを検討をする時、最初に出会うのが営業マンです。

その営業マンと気が合って家づくりの話がスムーズにいくと、とても嬉しいものです。

でも、その後現場監督に引き継がれますが、その現場監督と気が合えば良いですが、そうでなければそれも大変です。

家づくりが始まると、その後は現場監督が中心となって家を作って行きます。

営業マンは次の契約のために動きます。

そこで、営業マンの対応が少し変わってくることになります。

ベテランの営業マンであれば、契約のための活動も、現に家づくりが始まっている現場にも両方に気を配ってくれます。

まだ若い営業マンは次の契約のために気を取られすぎて契約後のサポートが疎かになる傾向があります。

 

 

 

 

なぜその住宅会社と契約したのかその理由を聞くと、営業マンが良かったから、と言う人が結構います。

初めての家づくりでは良い営業マンに出会えればとても幸運です。

でも、家づくりは営業マンとだけで行うわけではありません。

契約をしたい住宅会社がほぼ決まれば、その住宅会社に行って会社の雰囲気とか他の社員の方にも会ってみてはどうでしょうか。

現場監督にも会えたら、なおいいですね。

請負契約を交わす時は営業マンだけでなくその会社を見極めることも大切です。

 

住宅会社の営業マンは契約が済めば対応が冷たくなる?

 


 



住宅建築コーディネーター資格試験

■ 無料レポート
所有不動産を予想以上に高値で売却する方法!
不動産業者以外に物件を紹介してもらえる相手をお教えします!

YAHOO!知恵袋
住宅を解体して更地にすると固定資産税が三倍
今年中に別の土地に新築の契約をしました。
建設時に利用する商品を提供するメーカー側
教えて下さい。静岡の積水ハウスで建築条件付きで契約をしました。
新築引き渡しについて質問です。
銀行は、他の銀行の情報を知ることが出来るのでしょうか?