これだけは知っておきたい 住宅ローン その2  返済負担率とは

これだけは知っておきたい 住宅ローン その2  返済負担率とは

投稿日: カテゴリー: 住宅ローン




 

これだけは知っておきたい 住宅ローン その2  返済負担率とは

【これだけは知っておきたい住宅ローン その2 返済負担率とは】

無料セミナー⇒主婦に伝えるマイホーム資金計画作成の3つのポイント


住宅ローンの借入には、当然ながら審査があり、基準があります。


そのひとつが、返済負担率です。

返済負担率とは

年収に対する返済割合です。


計算の仕方は次のようになります。

住宅ローンの年間の返済総額 ÷ 年収(税込) ×100


返済負担率は、住宅ローンの審査の中で重要な基準になります。

返済負担率の基準は各金融機関によって違いはありますので、一概には言えませんが、25%~35%くらいになります。


具体的に計算してみます。

月々の支払いが12万円とすると、年間の支払いは120万円になります。


税込年収が、500万円であれば次の計算式になります。

120万円÷500万円×100=24%

返済負担率は24%になります。


年間返済額を計算する時の金利は、借入予定の住宅ローンの金利になりますが、固定金利であればそのままでもよいでしょうが、変動金利の場合は違います。

変動金利は文字通り変動します。今は低金利ですが将来的には上がる可能性があります。


そこで、変動金利の場合は、今の金利だけでなく将来の金利上昇を見越して計算し直します。


その金利も金融機関によって違いますが、概ね4%になるようです。

4%の金利で再度返済負担率を計算してみます。

その結果によって金融機関は融資の判断の一つとします。


返済負担率を計算する時の年収は税込年収で計算します。


ただ、実際に計算をする時は、単純に税込年収で計算して判断するよりは、実際に使えるお金で計算する方が現実的です。

毎月返済できる金額から、いくらまで借入できるか計算してみます。


月々8万円まで支払い可能であれば、

8万円×12ヶ月で年間の支払いは

96万円になります。


返済負担率を、住宅ローンを借り入れる際のただの審査基準と考えずに、実際に借入をする際にいくらまで借入すればよいか、それぞれの家庭の事情に合わせて、自らの基準を設けてみましょう。


例え、税込年収が同じでも、家族構成や生活の仕方によって住宅ローンに回せるお金がいくらなのかは違ってきます。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA