【住宅ローン】不動産広告の“落とし穴”とは? 不当表示を見分けよう!

【住宅ローン】不動産広告の落とし穴とは? 

投稿日: カテゴリー: 住宅関連ニュース

住宅購入を夢見る人がついつい見てしまう不動産広告。

思わず買いたくなるような魅力的な表現が並んでいるが、中には

おとり広告や不当表示といったものも存在する。

そこで今回は、不当表示やおとり広告といった悪質な広告を見分ける

ポイントを紹介していく。
「不動産広告」はここをチェック! ポイントとコツを紹介
そもそも不動産広告には、「宅地建物取引業法」(国土交通省等)と

「不当景品類及び不当表示防止法」(消費者庁)によって、誇大広告など

の不当表示が禁止されており、した場合は罰則がある。
また、業界でも公正競争規約(表示規約)として自主規制基準を設けて

広告のルールを定めている。

こういった動きによって、おとり広告はだいぶ少なくなってきているが、

それでもいまだ存在するのも事実だ。

参考
【住宅ローン】不動産広告の“落とし穴”とは? 不当表示を見分けよう!

 

 

 

【住宅ローン】不動産広告の“落とし穴”とは? 不当表示を見分けよう!



住宅建築コーディネーター資格試験

■ 無料レポート
所有不動産を予想以上に高値で売却する方法!
不動産業者以外に物件を紹介してもらえる相手をお教えします!

YAHOO!知恵袋
住宅を解体して更地にすると固定資産税が三倍
今年中に別の土地に新築の契約をしました。
建設時に利用する商品を提供するメーカー側
教えて下さい。静岡の積水ハウスで建築条件付きで契約をしました。
新築引き渡しについて質問です。
銀行は、他の銀行の情報を知ることが出来るのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA