ニュースリリース

住宅建築コーディネーター協会ニュースリリース

投稿日: カテゴリー: 住宅建築コーディネーター住宅関連ニュース


 

 

~ 合格率48%と高まる難易度に対応したウェブでの実践演習サービス~

試験問題10点分の合格支援、対策講座のメリット強化

去る9月9日に実施された全国統一試験は約200名が受験しましたが、合格率は約47.4%と従来に比べて非常に難易度が増しました。

この結果を受け、この度、―般社団法人住宅建築コーディネーター協会(大阪府大阪市、以下「」K⊂協会」)と試験実施する厚生労働省認可(財)職業技能振興会(東京都渋谷区、以下「FOS振興会」)は、次回12月6日の第31回資格試験より、一定の条件を満たした受講者に対し、本試験問題50間中の5問(10点)分の実践演習をウェブ上で行える、新たな合格支援学習サービスを開始することと致しました。

具体的には、本年6月に刷新された公式テキストに準拠する合格対策講座として、」K⊂協会及びFOS振興会が指定する合格対策講座(教室型の認定講習、又はWeb型の巨ラーニングの何れか)の受講修了を条件として、専用のウエブ上で本試験問題5問(10点)分の実践演習を行えるログインIDを付与します。

これにより、難易度を増す本試験への合格支援を強化致します。

9月9日に実施された本試験では、従来の「暗記型」から「本質理解型」へと出題傾向の質的転換が図られました。

これは、公式テキストの内容が刷新されたことはもとより、日本の経済情勢や住宅市場の今後の動向を見据え、住宅建築コーディネーターに求められる役害」及び責任の重大性が高まつてきていることによります。
このような背景から、住宅建築コーディネーターには、住宅建築に関わる幅広い知識と内容の理解が求められ、本試験の難易度もますます高く設定されて参ります。

今回の合格支援学習サービスに関する一連の施策は、資格自体の質の向上と厳格化を目指す意図がありますが、もうひとつは難易度の高い試験に合格するためのフオロー強化にあります。

 

ニュースリリース

 

 

 



住宅建築コーディネーター資格試験

■ 無料レポート
所有不動産を予想以上に高値で売却する方法!
不動産業者以外に物件を紹介してもらえる相手をお教えします!

YAHOO!知恵袋
住宅を解体して更地にすると固定資産税が三倍
今年中に別の土地に新築の契約をしました。
建設時に利用する商品を提供するメーカー側
教えて下さい。静岡の積水ハウスで建築条件付きで契約をしました。
新築引き渡しについて質問です。
銀行は、他の銀行の情報を知ることが出来るのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA