中古住宅の検査情報開示を求められる

投稿日: カテゴリー: 住宅関連ニュース

中古住宅市場の活性化策に関する自民党の提言案が25日、明らかになりました。

中古住宅の質に対する消費者の不安を払拭するため、劣化度合いなどを第三者が検査する「インスペクション」の活用を推進し、検査実施の有無を消費者に開示するよう義務付ける内容です。

リフォームによって長寿命化した住宅の認定制度の創設も求めているようです。

 

 

 
中古住宅を販売する時に大切なのが品質。

築20年ともなれば家の評価は0になります。

でも、実際の家はそうではありません。

築20年30年でも立派な家は沢山あります。

でも、それを公正に評価する基準がなかったので、一律に築年数で評価されていました。

それが、これからは変わってくるという事です。
今まではあまり意識されていなかった家のメンテナンスもこれからは重要になりますね。

また、新築で建てる時も将来の評価を考えて作ることも考えた方がよいかもしれません。

 

 

中古住宅の活性化のための自民党の方針

■ 無料レポート
所有不動産を予想以上に高値で売却する方法!
不動産業者以外に物件を紹介してもらえる相手をお教えします!

YAHOO!知恵袋
住宅を解体して更地にすると固定資産税が三倍
今年中に別の土地に新築の契約をしました。
建設時に利用する商品を提供するメーカー側
教えて下さい。静岡の積水ハウスで建築条件付きで契約をしました。
新築引き渡しについて質問です。
銀行は、他の銀行の情報を知ることが出来るのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA